遊びから一転して本気の不倫関係に!不倫が本気に変わる4つの瞬間

不倫 本気

 

「ただの火遊びのつもりだった不倫が、いつの間にか本気になっていた。」

 

こんな経験をしている人も多いのではないでしょうか?

 

 多くの不倫は「遊び」から入っていき、「本気」へと変わってしまうようです。

 

遊びだと考えていた不倫が、本気に変わるきっかけを知っておきましょう。

 

ここでは、遊びから一転して本気の不倫関係になるかもしれない、不倫が本気に変わる4つの瞬間についてご紹介していきます。

 

 

1.制限付きの恋が深い愛情を引き出すから

 

不倫 本気

 

不倫の関係は刑事罰に問われなくても、バレたら世間が許してくれません。

 

会社を解雇させられることもありますし、社会的な信用を一瞬で失うほどのリスクも伴います。

 

ですから不倫の絶対条件は周囲にバレないことです。

 

かなり縛られた、制限のある恋愛をしなければいけません。

 

しかし人間は面白いもので、不利な状況での逢瀬ほど相手に対してより強い愛情を芽生えさせるものと言います。

 

スポンサーリンク

 

不倫という禁断の恋は、拘束があるからこそ燃え上がるものです。

 

普通のカップルのように、好きなところをデートして好きなだけ一緒にいれるという、当たり前の行動ができません。

 

会いたいのに、相手の都合で会えないなんてことも日常茶飯事。

 

だからこそ、別れる際に「ああ、もっと一緒にいたい。離れたくない!」という強い気持ちが芽生えるようになり、いつしかそれが「本気」に繋がるのです。

 

 

2.相手と久しぶりに会えて感情が高ぶったとき

 

不倫 本気

 

不倫関係ですと、相手の家族の都合などで頻繁に会えない場合も少なくありません。

 

好きな人と会えないのはとっても寂しいですよね?

 

相手には配偶者がいて、いまこの時も一緒に笑っているのかと思うと、嫉妬で狂ってしまいそうになることもあるでしょう。

 

嫉妬をしている瞬間に、「本当に好き」と実感できる人も多いもので、それは不倫だろうと普通の恋愛だろうと関係ありません。

 

スポンサーリンク

 

頻繁にデートもできない、会う時間帯も限られる、デートをする場所もホテルばかりで、普通のカップルであれば当たり前にできることにも、多くの制限がかかります。

 

だからこそ、久しぶりにデートをする時は気持ちも高まるし嬉しいと思うものですよね?

 

「会えて嬉しい。幸せ!」と感じるとき、脳内では恋愛ホルモンがドバドバ分泌されています。

 

久しぶりに会うと、気持ちが高まるので「本気」と感じやすいのです。

 

 

3.今の夫婦関係では手に入らない安らぎを求めているとき

 

不倫 本気

 

不倫関係を築く人は、配偶者との関係が上手くいっていないというケースが多いです。

 

確かに、現在の夫婦関係に不満があったら安らぎを他に求めてしまうのも、無理はありませんよね?

 

夫婦生活が不満で、不倫相手と会うと安らぎを覚えます。

 

「この安らぎこそ、自分がいるべき場所だ」と感じる場合も多く、その瞬間に火遊びが本気に変わるのです。

 

不倫関係ですと、相手と頻繁にデートができません。

 

通常の恋愛ならば会う回数が少なければ、気持ちも離れてしまいます。

 

しかし不倫だとむしろ逆で、会えない期間があるほど燃えるものです

 

安らぎを覚える不倫は、本気に走りやすいのですね。

 

 

4.配偶者と喧嘩をして冷静さを失ったとき

 

不倫 本気

 

不倫相手とは、ちょくちょく会う程度で全く本気だとは思っていない人でも、本気になってしまう可能性はあります。

 

その気持ちの変化が起きやすいのが、配偶者との不仲です。

 

夫婦生活が長くなれば、些細なことで喧嘩するのは多いですよね。

 

それが頻繁に続いてしまい、すぐに口論になったりすると、「あいつのほうがいいや」と不倫相手に本気になってしまいます。

 

喧嘩をした直後というのは、「離婚して、あいつと一緒にやり直したい」とすら考えてしまうこともあるでしょう。

 

そんな時は、ただの遊びだった不倫相手を心の中では本気に求めているのです。

 

 

5.まとめ

 

 

 

  1. 制限付きの恋が深い愛情を引き出すから
  2. 相手と久しぶりに会えて感情が高ぶったとき
  3. 今の夫婦関係では手に入らない安らぎを求めているとき
  4. 配偶者と喧嘩をして冷静さを失ったとき

 

いかがでしたか?

 

不倫が本気に変わる瞬間には色々とあります。

 

きっかけはそれぞれ違っても、かなりのリスクを伴いますので、覚悟を決めて取り組む必要があるでしょう。