ダブル不倫の厳しい現実!ダブルの不倫で必ず直面する4つの悩み

ダブル 不倫

 

ダブルで不倫をしている人たちって、意外と多いですよね。

 

もしかしたら、SNS上の知り合いや、友人・知人の中で経験している人がいて、実際に相談されている人もいるかもしれませんね。

 

ダブル不倫は、通常の不倫に比べて多くの制限や悩みを抱える特殊なケースだとも言われます。

 

ダブル不倫をしている人は、どんなところで悩んでいるのでしょうか?

 

ここでは、ダブル不倫で必ず直面する4つの悩みについてご紹介していきます。

 

 

1.見えない将来に対する漠然とした不安

 

ダブル 不倫

 

ダブル不倫というのは、お互いが既婚者で配偶者を持っている状態です。

 

通常の不倫では、片方が独身なので多少は身動きが取れやすいのですが、両方ともに配偶者がいると様々な制約を受けます。

 

まず顕著なのが「未来の見通しの悪さ」ですね。

 

お互いが結婚をしているので、どうしても将来の見通しが立たずに不安やイライラといった精神的に落ち着かない状態が続いてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

通常の不倫であれば、片方が離婚をすれば解決できますが、お互いとなると男性側が離婚という決断を渋ることが多く上手くいかないのだそうです。

 

男性はリスクを背負う決断はしたがらない性質をもっていると言われます。

 

そんな男性の性質にうんざりしていませんか?

 

女性は思い立ったらすぐに行動を取れる、ある意味での「行動力」が備わっています。

 

ここで男女における温度差が発生するのです。

 

十分にお互いが持つ認識、温度差などを意識しなければいけません。

 

 

2.「将来を望まない」と心に留めておかないとつらい

 

ダブル 不倫

 

ダブル不倫に付き物の「未来の見通しの悪さ」ですが、これを解決するのは非常に困難だと言われています。

 

相手に言われたからすぐに離婚ができる訳ではなく、パートナーとの話し合いをしなければいけませんから、一筋縄ではいかないケースも多いものです。

 

ダブル不倫をしているならば、最初っから「未来のことは望まない」という認識を共有しておいたほうが良いでしょう。

 

こうしたほうが、精神的には幾分気楽に相手と接することができると思いませんか?

 

スポンサーリンク

 

セックスレスや性格の不一致など、不倫に走る理由は人それぞれです。

 

ダブル不倫の場合、男性側が約束してくれた「離婚」を女性は簡単に信じないほうが良いです。

 

「この瞬間が楽しめればいいや」という、ある意味で吹っ切れた考えを持っておくのが無難かもしれません。

 

 

3.関係を死守することが大きなプレッシャーに

 

ダブル 不倫

 

不倫は刑事罰に問われる問題ではありません。

 

ですが道義的に問題がある行為ですし、ひとたび発覚してしまえば、社会的な地位を失うばかりか精神的な苦痛を受けるリスクもあります。

 

片方だけの不倫でも、バレればかなりのリスクがあります。

 

それがダブル不倫ともなれば、どれだけのリスクを背負っているのか、何となく分かりますよね?

 

ダブル不倫をしているならば、より一層世間体を気にしなければいけません。

 

バレれば配偶者の家族や親族、友人に与える精神的苦痛もあり、広い範囲に影響を及ぼす危険性があります。

 

「バレても良い」という考えは、禁断の恋をしているというドキドキで正常な判断ができていないだけです。

 

冷静に考えれば「バレないようにする」という選択をしなければならなくなります。

 

関係が深くなれば、バレないようにする関係が負担に感じるようになるでしょう。

 

そこを対応できるだけの覚悟が必要です!

 

 

4.楽しむためのデートで精神的苦痛を感じる

 

ダブル 不倫

 

デートって恋人にとって非常に大事なイベントですよね?

 

 不倫をしていようが、好きな人同士で同じ時間を共有できるというのは、このうえない幸せな時間です。

 

ダブル不倫でも、気持ち的には同じですが「絶対にバレてはいけない」という重圧があるため、デートをしていても、独身同士のデートとは明らかに気持ちの面で楽しめません。

 

地元では知り合いと出会ってしまう危険性があるので、デート場所を遠くしたり、誰にも見られないようにホテルにしたりしなければならないでしょう。

 

色々な対策を練って行動するので、デートをする場所が限られてしまいます。

 

そんな状況を納得しながら、関係を続けていくだけの精神力の強さと、相手との信頼感が必要でしょう。

 

ダブル不倫では、デートがいつのまにかストレスを感じるイベントに変わってしまうのです…。

 

 

5.まとめ

 

 

  1. 見えない将来に対する漠然とした不安
  2. 「将来を望まない」と心に留めておかないとつらい
  3. 関係を死守することが大きなプレッシャーに
  4. 楽しむためのデートで精神的苦痛を感じる

 

ダブル不倫をどう考えていましたか?

 

ここで取り上げた悩みはほんの一部です。

 

当事者は、もっと細かい部分まで含めて悩み事だらけでしょう。

 

禁断の恋は、通常の恋とは違い興奮を覚えやすいものですが、関係を続けていけばいくほど、精神的なストレスは膨らみますし、悩みも増えます。

 

さらにバレたら人生が終わる可能性も否定できません。

 

やるからには相当な覚悟を持っておく必要があるのは言うまでもありませんね。