不倫の別れがつらいのはなぜ?つらい気持ちを和らげる3つの考え方

不倫 別れ つらい

 

不倫は通常の恋とは違う感情が、波のように何度も押し寄せてきます。

 

禁断の恋ほど、人を盲目にさせるものはなく、周囲の助言が視線などが全く頭に入ってこなくなるのです。

 

そこまである意味では本気だった不倫が、突然の別れによって終止符が打たれたら、とてもつらい気持ちになりますよね。

 

不倫関係のつらい別れにはどう向き合っていけば良いのでしょうか?

 

ここでは、不倫の別れがとてもつらいのはどうしてなのか?つらい気持ちを和らげる3つの考え方についてご紹介していきます。

 

 

1.不倫の別れには普通の恋愛にはない特別なつらさがある

 

不倫 別れ つらい

 

不倫の末の別れはとってもつらいですよね?

 

不倫は、普通の恋愛以上に制限が多いことで一体感や試練を乗り越えている充実感があるため、より相手のことを好きになる傾向が強いです。

 

好きを通りこし、特別な感情を抱いていた相手との別れは、想像を絶するつらさがあります。

 

スポンサーリンク

 

不倫は頑張ったからといって、結ばれるものではありません。

 

そう簡単には離婚してくれませんよね?

 

不倫による別れでいつもつらい思いをするのは、「独身側」です。

 

既婚者は別れても配偶者がいるので心のよりどころはあります。

 

つまり常に不利な状況に置かれているため、つらさも倍増するのです。

 

 

2.別れの時こそ客観的に自分を見つめ直す

 

不倫 別れ つらい

 

このつらい不倫の別れを軽減するには、客観的に自分を見つめる必要があります。

 

そもそも不倫をしている人は、それだけモラルが低下しています。

 

自分は遊ばれていただけかもしれません。

 

不倫関係の間は、そんなこと想像もしていませんでしたよね?

 

スポンサーリンク

 

別れた今だからこそ、客観的に自分を見つめる勇気、覚悟を持つ必要があるのです。

 

第三者目線で見つめれば、なんて酷い人なんだと分かります。

 

「こんな人とは別れて良かった!」という気持ちに少しずつ変わっていきますので、するとつらさも和らいでくるものです。

 

「別れて正解!」と思えるようになれば、気持ちもスッキリするでしょう。

 

 

3.別れて良かったんだと現実を受け止める

 

不倫 別れ つらい

 

不倫がもしバレたら、相手の配偶者から慰謝料を請求されるでしょう。

 

周囲にバレたら社会的信用を失います。

 

既婚者ばかりが目につきますが、独身側も例外ではありません。

 

とてもリスクがある恋をしていたのですが、当事者同士は全くその先を想像しません。

 

ところが配偶者に怪しまれるなどして、急に別れを告げられたらその現実を嫌というほど味わってしまいます。

 

そんな時は、とてもつらい気持ちになりますが、ここは考え方を変えてみませんか?

 

「周囲にバレずに、悲惨な結末にならないで関係に終止符が打てたことは不幸中の幸い」

 

こう思えば、つらい気持ちはどこかへ吹き飛んでしまうかもしれません。

 

もちろん最初はそう考えるのも難しいでしょう。

 

なので少しずつで構いません。

 

考え方を変えれば、不倫の別れのつらさは軽減できます!

 

 

4.別れを受け入れて前向きに考える

 

不倫 別れ つらい

 

不倫は禁断の恋なので、周囲に相談できないですよね。

 

女子会のトークで、恋人の話題になったとしても、自分から積極的に会話ができる内容でもありませんので、切ない気持ちになります。

 

そんな中、不倫関係が終わったら切ないうえにつらいという、ダブルで悩まされてしまいます。

 

しかしここも考え方を変えてみると、気持ちは楽になれます。

 

「これからは普通の恋をしよう。そして友達にも相談したりノロケよう!」

 

不倫という縛られた関係が終わったことで、前向きな未来が切り開かれていきます。

 

こう考えると、不倫関係が終わって良かったとすら思うかもしれませんね!

 

 

5.まとめ

 

 

 

  1. 別れの時こそ客観的に自分を見つめ直す
  2. 別れて良かったんだと現実を受け止める
  3. 別れを受け入れて前向きに考える

 

不倫相手と別れたら、とてもつらい気持ちになります。

 

そんな時は考え方を変えて、前向きに捉えてみてください。

 

最初はなかなか難しいかもしれませんが、それはいずれ時が解決するでしょう。

 

きっと、別れて良かったと思えるようになりますよ。