どこからが浮気!? 男女で異なる浮気の境界線の考え方

浮気 どこから

 

「浮気がいけないのは知っているけど、結局どこからが浮気に分類されるんだろうか?」

 

こんな悩みを漠然と抱いている人もいるのではないでしょうか?

 

人によってそれぞれ考え方は違うようですから、古くから議論されても結論には至っていません。

 

多くの人は「どこから」の境界線を、どこに引いているのか知っておき、参考にしてみてください。

 

ここでは、 男女で異なる浮気の境界線の考え方についてご紹介していきます。

 

 

1.男性は「セックスをしたら確実に浮気」と認定する

 

浮気 どこから

 

浮気がどこからかは、男女によって境界線が大きく違います。

 

まずは男性が考える浮気の境界線ですが、セックスしたらという考えが多いようです。

 

肉体関係を持てば、言い訳もできませんし裏切られたという気持ちが強くなります。

 

スポンサーリンク

 

民法でも相手と肉体関係を持ったら、そこから浮気や不倫として認定しており、現実に裁判でもそのような判例が多いです。

 

2人で食事をするというのも、許せる話しではありませんが浮気かどうかは怪しいところでしょう

 

男性の多くは、その先の肉体関係を持ってして浮気と判断するようです。

 

 

2.男性側は身体的接触の度合いが浮気の決め手になる!

 

浮気 どこから

 

肉体関係を持っていなくても、キスや恋人同士がするようなスキンシップをしていたら浮気という境界線を引く男性も多いです。

 

相手の体に触れているということは、好きな気持ちが当然そこには含まれていると考えますよね?

 

基本的に男性は女性よりも、「感情面」は考慮にいれず現在行っている行動に注目をします。

 

スポンサーリンク

 

浮気相手のことを好きなのかは、いったん脇に置いておき、キスや手をつなぐ、腕組をするというスキンシップが許せない訳です。

 

場合によっては2人で映画館デートをしていたら、浮気と判断する男性も少なくありません。

 

身体的密着が多ければ、肉体関係がなかろうとも浮気だと男性の多くは考えているのです。

 

 

3.女性の「どこから」は感情面が最優先

 

浮気 どこから

 

男性が浮気の境界線を決める時に大切にするところに、感情面は考慮しないというものがありましたね。

 

女性が浮気の境界線を決める時は、男性が考慮に入れない「感情面」を最優先に考えて判断をする傾向があります。

 

男女でここまで正反対なのですから、言い合っても分かり合えないのは当然かもしれませんね?

 

さて女性が浮気と判断する境界線の多くは、「好きという気持ちが芽生えたら」というラインです。

 

男性にとっては厳しすぎると感じるかもしれませんが、女性からしてみれば「こんなの当たり前じゃん」となります。

 

「私という存在があるのに、心では違う女性を意識していれば身体的接触などはどうでもいい問題。

 

心という簡単に入り込めない領域に、違う女性が入り込んだのは許しがたい結果。」

 

女性の多くは、違う女性に好きという気持ちが芽生えたら、それを浮気としています。

 

 

4.女性はセックスを「浮気」と考えてはいない

 

浮気 どこから

 

女性は「男」という生き物をよく理解しているんですね。

 

浮気の境界線の調査でも、セックスしたらというラインを選ぶ人はいつも少数派です。

 

女性は好きでもない男性と寝るなんて考えられませんが、男性はそれが可能。

 

そこを理解しているので、セックスをしたからといって相手を本当に好きになっているのかが決まった訳ではありません。

 

逆にセックスよりも、「手をつなぐ」などさりげないスキンシップのほうが許せない人のほうが多いくらい。

 

どちらにしても、感情面を浮気の境界線を引く時に最優先に考えるところから、男女では大きく浮気のボーダーラインが異なっているのです。

 

 

5.まとめ

 

 

 

  1. 男性は「セックスをしたら確実に浮気」と認定する
  2. 男性側は身体的接触の度合いが浮気の決め手になる!
  3. 女性の「どこから」は感情面が最優先
  4. 女性はセックスを「浮気」と考えてはいない

 

いかがでしたか?

 

浮気の境界線に男女でここまで差があるなんて、かなり驚きですよね!

 

しかし、男女の考え方などを確認してみると、こういった差が出るのも当然だということが、今回分かりましたね。

 

男性だったら、「女性はどう考えるだろうか?」

 

女性だったら、「男性はどこからを浮気と考えるのか?」

 

ここを考えて行動をすると安心できます。

 

自分がこう考えるから、というのは相手には当てはまりませんよ!