浮気する夢はもしかして欲求不満?浮気する夢から分かる4つの意味

浮気する夢

 

浮気する夢を見たら、自分にそんな気があるのか? と不安になってしまいますよね。

 

そんな気持ちを抱いたことがないのに、浮気する夢を見るというのはちょっと怖いところもあります。

 

では浮気する夢を見たとき、そこにはどんな意味が隠されているのでしょうか?

 

ここでは、浮気する夢から分かる4つの意味についてご紹介していきます。

 

 

1.浮気する夢は偶然で現実とは無関係

 

浮気する夢

 

配偶者や恋人を持っている人が、浮気する夢を見たからといってほとんどの場合、現実世界との関係はないと言われています。

 

たまたま、夢でそうした内容を見てしまっただけだとも捉えられ、偶然なのです。

 

自分に浮気願望があるから、そんな夢を見てしまった、あるいは欲求不満が関係しているのかもと思ってしまうかもしれません。

 

ですがそんな心配をする必要はないと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

しかし浮気という行為は、社会的に許されない悪い側面を持っているのも事実。

 

浮気の願望は無かったとしても、社会的倫理や価値観が少し揺らいでいるために、「浮気」として夢に出てきたのかもしれません。

 

気持ちに何か変化がありませんでしたか?

 

もしあるなら、それが浮気する夢を見させている原因かもしれません。

 

 

2.現実での浮気の罪悪感から見てしまう場合もある

 

浮気する夢

 

浮気する夢を見ても、ほとんどの人は何ら現実と関係はありません。

 

ところが例外は存在するもので、実際に浮気をしている人が浮気をする夢を見てしまうケースもあります。

 

この場合、現在進行形である浮気に対する罪悪感を持っていて、それが夢に出ているのではないかと考えられます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

相手を求めるために走った行動だとしても、大事な人を傷付けていることには変わりありません。

 

心の中ではパートナーに対して「申し訳ない」という気持ちを抱いていると考えられるので、実際に浮気する夢を見たならば、浮気という関係性を断ち切るようにしましょう。

 

罪悪感が消えない限りは、夢でうなされる回数も増えてしまうでしょう。

 

 

3.恋人がいないときの寂しさを表す

 

浮気する夢

 

恋人がいないのに、浮気する夢を見る場合もあります。

 

恋人がいなければ、浮気をしたくてもできませんよね。

 

この場合は、「恋人がほしい!」と心の中で叫んでいるような状態だと推測ができます。

 

つまりは恋人がいなくて寂しいんですね。

 

心に隙間がある状態で恋愛をすると、つまらない相手にハマってしまい後々後悔することになるケースが非常に多いです。

 

心に隙間があいていると、人間はそれを埋めようと必死に行動します。

 

最悪な恋人でも「私がいなかったらこの人はどうなっちゃうの?」という気持ちが芽生えて関係を長引かせてしまうのです。

 

ですがそんな恋愛は長くは続きませんので、結局は後悔するハメになってしまう訳ですね。

 

恋人がいないのに、浮気する夢を見てしまったならば、自分の気持ちを冷静に見直してみる必要があるでしょう。

 

 

4.心の負担を感じているときかも!

 

浮気する夢

 

浮気する夢を見たが、夢の中でバレてしまい失敗に終わったというストーリーもあります。

 

潜在意識がそうさせていると判断できるので、もしかしたらトラブルが起こる前兆なのかもしれません。

 

近い将来に、重要な決定をしなければいけない事案がありませんか?

 

もしくは就職先が決まるかもしれない面接や、試験など精神的な負担となっているイベントが控えているかもしれません。

 

そこで「失敗したらどうしよう」というネガティブな気持ちが、夢に入り込んでストーリーを作らげていると考えられます。

 

気持ちが過敏な状態になっているとも言えますので、普段の生活に少しリラックスできる瞬間を取り入れてみると、考え方などが変わってきますよ!

 

 

5.まとめ

 

浮気する夢

 

  1. 浮気する夢は偶然で現実とは無関係
  2. 現実での浮気の罪悪感から見てしまう場合もある
  3. 恋人がいないときの寂しさを表す
  4. 心の負担を感じているときかも!

 

自分が浮気する夢の意味について見ていきました。

 

これを見てわかるように、夢と現実は大きくリンクはしていないので、何か問題がある訳ではないんですね。

 

でも、夢での出来事が衝撃的すぎて、起きても覚えている時も多いですよね?

 

潜在意識が働きかけているのかもしれませんので、自分の気持ちを冷静に見直してみましょう。