不倫相手の妊娠が発覚!妊娠したら絶対に取るべき3つの行動

不倫 妊娠

 

「不倫相手が妊娠してしまった。」

 

こんな状況は、ドラマや小説では頻繁に見られるドロドロストーリーですよね。

 

ですが、現実でこのような経験をしている人が意外にも多いのをご存知でしょうか?

 

不倫相手が妊娠をした時、どう行動するべきか。その対策方法を知っておきましょう。

 

ここでは、不倫相手の妊娠が発覚したら、絶対に取るべき3つの行動についてご紹介していきます。

 

 

1.まずは相手女性の様子や状況を把握する

 

不倫 妊娠

 

不倫相手が妊娠をした時は、相手の女性の年齢や性格、社会的な立場などをしっかりと把握するように努めましょう。

 

「その女性が妊娠という現実から目を背けず、どんな状況でも産んで育てるんだという決意を持っているのか、それとも動揺して1人で乗り越えることが難しいのか。」

 

スポンサーリンク

 

女性側の精神的な状態によって、取るべき行動は変わってきます。

 

妊娠した女性が、どういった気持ちを持っているのかを2人でしっかりと話し合って今後を決めるのが良いでしょう。

 

間違っても、「オレには関係ない」といって放置をしないことです!

 

女性側の精神的な負担は相当なものがあり、耐えられなくなって周囲に打ち明けてしまう可能性もあります。

 

男性として、妊娠した事実を真正面から向き合う覚悟が必要です。

 

 

2.落ち着いて相手女性と真摯に向き合う

 

不倫 妊娠

 

不倫相手から妊娠の知らせを聞いた時、どう感じましたか?

 

どんな感情が脳裏をよぎりましたか?

 

恐らく色々な考えが浮かんでは消えてを繰り返したことでしょう。

 

子供を産んで育てるというのは、当然1人の決断で行えるものではありません。

 

お互いのため以上に、子供のためにも今後をどうしていくのかを話し合いましょう。

 

スポンサーリンク

 

妊娠が進めば、少しずつですが確実に女性の体は変化していきます。

 

つわりや身体的な変化で精神的にも肉体的にも苦しんでしまう時期になります。

 

すると冷静に会話できる期間はそう長くはありません。

 

冷静に話せる環境作り優先してください。

 

もし女性側が産む選択をしたのであれば、相手に協力を惜しまないことです。

 

経済状況、仕事、家族のことなど、具体的な内容を共有してどうするべきなのかをしっかりと考えましょう。

 

 

3.全てを受け止める覚悟を決める

 

不倫 妊娠

 

妊娠をした女性が、ドラマや小説のように全員強い精神力を持っているとは限りません。

 

現実を受け入れることができず、発狂状態にあるケースも十分に考えられます。

 

妊娠をしたんだから、離婚して一緒になって欲しいと言われたら、もうその時は覚悟を決めるしかありません。

 

「男として」というカッコいい行動基準ではなく、「責任」を取るというのが正しい表現ですね。

 

発狂している女性は、放置しておけば間違いなく妻へ連絡をしてくるでしょう。

 

もしくは、養育費やそれに準ずる資金の要求をしてくるかもしれません。

 

まずは妻や家族に真実を伝えて、話し合いましょう。

 

「それができれば苦労しないよ!」という声も聞こえてきそうですが、もうそんな保身に走るような状況ではありませんよね?

 

話し合い、決断を決めるまで逃げない精神力、気力、覚悟が必須と言えそうです。

 

 

4.妻側はすぐに慰謝料を請求できる

 

不倫 妊娠

 

不倫相手が妊娠をしたとき、妻が夫の不倫を見て見ぬふりをしていたり、そのまま放置をすると一番損をします。

 

昔はそんな状況が多く見られてきましたが、最近はネットの普及で泣き寝入りをすることは少なくなり、すぐに専門分野の人へ相談できるようになりました。

 

 これは妻の視点からの考えになりますが、夫の不倫や不倫相手の妊娠の証拠を掴んだ段階ですぐに慰謝料を請求しましょう。

 

ネットで調べればある程度の情報が公開されており、行動に移すのは容易となってきています。

 

男性から見れば、慰謝料を請求された時点で人生が大きく変わる可能性があります。

 

常にそのリスクを覚悟しておく必要もありそうですね。

 

 

5.まとめ

 

不倫 妊娠

 

  1. まずは相手女性の様子や状況を把握する
  2. 落ち着いて相手女性と真摯に向き合う
  3. 全てを受け止める覚悟を決める
  4. 妻側はすぐに慰謝料を請求できる

 

不倫相手が妊娠したらどうするべきか、少しわかったのではないでしょうか?

 

今後このような場面に直面することも可能性として頭に入れておかなければなりません。

 

ドラマや小説の世界だけでなく、現実として経験するようになったら、どう向き合っていけばいいのか、参考にしてみてくださいね。