浮気される夢はどんな暗示?浮気される夢から導かれる4つの意味

浮気される夢

 

浮気される夢を見たことはありますか?

 

相手の顔はぼんやりとしていて分かりませんが、あまりにもリアルなので寝起きは最悪。

 

正夢にはならないと信じたいけど、そんな夢を見たら心配になっちゃいますよね。

 

浮気される夢を見たら、それはどんな意味が隠されているのでしょうか?

 

ここでは、浮気される夢から導かれる4つの意味についてご紹介していきます。

 

 

1.現実での相手の言動に敏感になっている

 

浮気される夢

 

夢は寝ている間に脳が記憶を整理している時に起こる記憶のゴミです。

 

ですから現実世界で見て、脳が記憶している情報しか夢には出てきません。

 

しかし夢は曖昧な要素が強く、現代の科学を持っても完璧に解明されている現象ではありません。

 

スポンサーリンク

 

夢は人間の潜在意識が強く反映される場所だとして、そこから夢占いをしている人もいます。

 

その占いによれば、浮気される夢を見たからと言って本当にパートナーが浮気をしているケースはとても少ないようです。

 

とはいえ、女性はとても勘が鋭いもので旦那や彼氏の些細な言動に、潜在意識が反応している可能性も否定はできません。

 

最近、パートナーの動きが怪しいと感じていませんでしたか?

 

そうしたちょっとした気持ちの変化が、夢に影響を与えているとも考えられます。

 

浮気される夢は、ちょっとした気になる相手の言動が影響しているのかもしれません。

 

 

2.相手との関係にトラブルが起こる前触れかも!

 

浮気される夢

 

浮気される夢を見終わった時、明るい気持ちになる類のものではありませんよね。

 

夢と分かっているけど、悲しい気持ちになったり中には落ち込んでしまう人もいるほどでしょう。

 

夢は心理が大きく影響を与えると場合が多く、相手に対して不安や不満を感じているとそれが夢に出てくるのです。

 

スポンサーリンク

 

夢から判断をしてみると、浮気をはじめとする様々なトラブルの夢を見たら、2人の間に何かトラブルが起こる可能性があります。

 

浮気されるだけでなく、その後に問い詰めたり感情的になっている自分を、客観的に見つめているような夢なら、トラブルの予感はますます強いです!

 

たかが夢だと簡単に考えず、自分の気持ちを一度振り返ってみるようにしてください。

 

 

3.パートナーとの不仲を映し出している

 

浮気される夢

 

浮気される夢は、そんな現実は無かったとしても、心のどこかで不安な気持ちがあるために起こると考えられています。

 

夫や彼氏との仲は大丈夫ですか?

 

喧嘩が絶えず、不仲な状態が続いているなら、その気持ちの変化が浮気される夢として発生したと言えるでしょう。

 

愛する人との不仲は、自分が想像している以上に気持ちがダメージを受けています。

 

不仲な状態はすぐにでも解消したいけど、その方法が分からずにいつまでも悩んでいる。

 

この気持ちの葛藤が、夢に影響を与えているのです。

 

 

4.夢の中の浮気相手は実際に警戒している人物

 

浮気される夢

 

浮気される夢に出てきた相手が現実で関わりがある場合、とっても心配になりますよね。

 

相手が夢に登場する場合、その人のことを現実世界でも恐れや警戒心を抱いている可能性があります。

 

夫や彼氏の元恋人や、友人、職場の同僚。色々なケースが考えられますが、身近に「奪われるかも?」というような人物がいると自分の心は思った以上に心配します。

 

夢で浮気相手が出てきて、それを記憶していたとしても、現実世界で実際に実現するかは別問題。

 

多くは自身の心が乱れている関係で、夢に出ているにすぎません。

 

「あの人を信じているから大丈夫!」

 

このように自分に言い聞かせてみてください。

 

すると自然と、浮気される夢を見る回数は劇的に減っていくでしょう。

 

浮気相手がはっきりと夢に出てきたからと言って、慌てる必要はないのです!

 

 

5.まとめ

 

 

 

  1. 現実での相手の言動に敏感になっている
  2. 相手との関係にトラブルが起こる前触れかも!
  3. パートナーとの不仲を映し出している
  4. 夢の中の浮気相手は実際に警戒している人物

 

浮気される夢が持つ意味について紹介しました。

 

潜在意識や心の乱れが、夢に影響を与えることは十分に考えられます。

 

そこから考えると、そのような夢を見た意味について考察ができるので、ここで紹介したものを参考にして自分自身の心を見つめなおすキッカケとしてみてください。