不倫のきっかけは身近にある?不倫が始まる4つのシチュエーション

不倫 きっかけ

 

誰も望んで不倫をしようなんて思わないですよね。

 

気づいたら不倫関係になってしまい、防ぐことができなかったのかと後悔をしてしまうものでしょう。

 

不倫のきっかけってどんなところに潜んでいるのでしょうか?

 

ここでは、不倫のきっかけは身近にあるかもしれない、不倫が始まる4つのシチュエーションについてご紹介していきます。

 

 

1.過去の淡い記憶が蘇る同窓会

 

不倫 きっかけ

 

中学や高校時代の同窓会は、不倫が始まるきっかけの一つだとされています。

 

その当時は子供っぽかった異性も、成長して立派な大人へと変化していると、その当時とはまた違った感情が生まれてしまうのは無理もありません。

 

ましてやその当時に少し好意を抱いていた相手ならなおさらで、既婚者であっても昔の記憶が蘇ってきて親しく話をしてしまうでしょう。

 

スポンサーリンク

 

同窓会ではお酒を飲む場面が用意されていることも、十分に考えられます。

 

お酒が入れば気持ちが大胆になるのでプライベートな話題やボディータッチも気軽にできます。

 

ですがそのまま親密な関係になったとしても、肉体関係にまで発展するケースは稀です。

 

そこでは連絡先だけ交換しておいて、少しずつ会うようになり不倫関係へと進んでしまうのです。

 

同窓会は不倫が生まれる可能性が高いイベントですので、配偶者が行くことになったら要注意ですよ!

 

 

2.職場の人との親睦が深まる社内イベント

 

不倫 きっかけ

 

不倫のきっかけとして候補に挙がるのが、社内イベントです。

 

会社は人間関係が複雑と同時に、チームワークも必要とされるので連帯感を持って行動をしなければいけません。

 

チームの結束力を強めるために、会社では様々なイベントを開催し仲間意識を向上させていたりもします。

 

そのイベントの中には「忘年会」が用意されているところは非常に多いものです。

 

スポンサーリンク

 

忘年会は上司や部下など多くの人が参加し、2次会まで準備している会社も多く、お酒を飲む機会がどうしても増えてしまいます。

 

今までは仕事の話しかしていなかった異性の人と、プライベートな会話をするようになればどうしても親近感が沸いてきます。

 

全然「異性」として意識してこなかった人でも、様々な話を聞けば意識をするのも当然でしょう。

 

そのまま肉体関係までの発展は無いにしても、そこから不倫関係になるのは十分に考えられますよね?

 

 

3.家族ぐるみの付き合いが不倫を後押し

 

不倫 きっかけ

 

以前まではあまり話題になりませんでしたが、最近は非常にケースとして増えているのが知人の配偶者と不倫関係になるというものです。

 

家族ぐるみでの付き合いをしている間柄というのは、異性と接点を持つ身近な場面そのものですね。

 

「まさかあの人と関係は持たないだろう」という油断も発生するので、不倫関係になったとしても気づきにくいという特徴があります。

 

まだまだ不倫のきっかけとしては少数派ですが、確実にトラブル報告として増えているようですので、親しい夫婦との関わりであっても油断は禁物です!

 

 

4.客と店員の関係が運命的な出会いに

 

不倫 きっかけ

 

異性と接点を持つ場所に、不倫のきっかけは眠っています。

 

ということは、日常生活のどんな場所にでも、きっかけが存在しているのです。

 

異性と接点を持つきっかけで多いのが、店員と客の関係です。

 

仕事で一般消費者と接点を持たないのであれば別ですが、接客業をしているならば異性と接する機会は多くなりますよね。

 

特にコンビニの店員と客というシチュエーションは、声をかけられやすい典型例だと言われます。

 

「客のほうから声をかけられ、電話番号が書かれた紙を渡され、そのまま親密になって不倫関係になる。」

 

ドラマや小説のような流れかもしれませんが、現実世界でも実際に起こっています。

 

配偶者が接客業の場合は、常にそうした危険が潜んでいることを覚えておきましょう。

 

 

5.まとめ

 

 

 

  1. 過去の淡い記憶が蘇る同窓会
  2. 職場の人との親睦が深まる社内イベント
  3. 家族ぐるみの付き合いが不倫を後押し
  4. 客と店員の関係が運命的な出会いに

 

いかがでしたでしょうか?

 

不倫になるきっかけは、実は色々なところに隠れています。

 

油断をしていると、不倫の危険が身近に迫ってくることも考えられるので十分に注意をしたいものですね。